より有利な離婚慰謝料を得るためのコツ

婚姻関係にある夫婦が実際に離婚に踏み切る前に忘れずにやらなくてはならないのが、離婚慰謝料についての取り決めです。この慰謝料という金銭的な問題を解消しないまま離婚に踏み切ってしまうと、本来であればもらえるはずの慰謝料がもらえないといった状況に陥ってしまうことがあるからです。特に婚姻関係中、専業主婦として家庭を守っていた妻の場合、自分自身の収入源というものを持っていないため、万が一、離婚慰謝料をもらえなかったときには離婚と同時に収入がなくなってしまい、経済的に非常に苦しい立場に追いやられてしまうことになります。そのため、離婚に踏み切る前には絶対に離婚慰謝料については夫と妻とが納得のいく答えが出るまで話し合いを行うことが大事になってきます。

離婚慰謝料とはどのような場合に請求できるのか

離婚時にもらえる慰謝料とは、離婚の原因となった不倫行為や不貞行為を働いた側に対して、精神的にひどくダメージを受けた側が請求できるもので、不倫や不貞行為以外にも身体的、精神的な暴力などがあります。仮に前述したような精神的なダメージにより離婚に至った場合には、被害を受けた側が相手に対して慰謝料を請求することができます。慰謝料の相場に関しては、離婚に至った原因など夫婦ごとに異なってくるため、どのようなことが原因で離婚をしたから慰謝料はいくらという具合に決まっているわけではありません。つまり、あくまでもケースバイケースなのです。ただし、慰謝料の金額については夫婦の話し合いで合意が得られたのであればたとえ高額の慰謝料となっても自由に設定をすることが可能です。

慰謝料をより多くもらうための方法

離婚の手続きにおいて夫と妻が話し合ったうえで慰謝料のことなどに関して明確な結論を出す場合、それは協議離婚といいます。しかし、慰謝料などの金銭的な問題を話し合ってもなお金銭的な折り合いがつかないようなときの対処法としては、弁護士に相談をするのは効果的です。弁護士が間に入ることでより良い条件で慰謝料の話し合いがまとまることがあるからです。慰謝料の金額に納得がいかないときには弁護士へ相談するようにしましょう。また、夫婦で話し合っても慰謝料に関して相手が全く支払う気持ちがないようなケースでは、裁判所を介して離婚調停を行うという方法もあります。離婚調停では夫と妻との間に調停委員が入り、その上で話し合いが続けられるので話がまとまりやすく、慰謝料などの金銭的な問題も法的に解決をすることができるからです。